こっこメモ 〜こっこママの役立つ育児メモ〜

3才と1才の姉妹のママです。毎日の育児で「気づいたこと」や「役立ったこと」を書いていきます♪

マイペースな3歳児に悩んだとき、心理士さんから貰ったヒント

f:id:cresc_cresc:20180906135924j:plain

長女が3歳になった頃マイペースでなかなか動いてくれないことが悩みの種でした。

大好きな公園遊びに誘うと「行きたい!」と言うくせに、床でゴロゴロするばかりで着替えが進みません。

お風呂あがりもパジャマを着ないで走り回り、ハミガキや片付けの一連の流れが進みません。

ちょうど3歳児健診があったので、問診票に軽い相談のつもりで記入しました。

するとその場で心理士さんに相談してくださいと案内されました。

心理士さんからのアドバイス

長女は席を離れてウロウロしていましたが、心理士さんは「自由に遊んでるようですが、お母さんの様子をきちんと見ているから問題ないですよ」と観察してくれました。

「お子さんは、かなりマイペースな性格のようですね。言ってわからない場合、見せてあげるといいかもしれません」とのこと。

着替えの服を置いて見せたり…ということらしいです。

それはやってるんだけど…と思いながらも「見せる」というキーワードは心に留めておきました。

「幼稚園に入ったら集団行動に馴染むのが大変かもしれませんから、またお電話差し上げますね」と今後のことも気にかけてもらい、相談は終わりました。

イラストを使って指示することに

帰宅後「言ってわからないなら見せる」というアドバイスを自分なりに解釈した私。

やってほしいことをイラストで見せることにしました。

冷蔵庫に貼ったホワイトボードに、今からやるべきことを順番にイラストで描きます。

【お風呂上がりの場合】

パジャマのイラスト

歯ブラシのイラスト

絵本(読み聞かせ)のイラスト

月(寝る)のイラスト

と、矢印で繋げて殴り描き。

最初は理解できなかった長女ですが、何度が繰り返すうち「描いてもらったらわかる!」と言い、少しずつ動けるようになりました。

根気よく1ヶ月以上続けるうちに、長女はものごとには順番があるということにやっと気づいたよう。

しばらくすると本人から「もう描いてくれなくてもわかる〜」と言われ、私も面倒になったのでやめました。

1ヶ月ちょっとの間でしたが、その期間は割とスムーズに動いてくれたと思います。

大声で怒る必要がなく、指差しだけで指示できるので、私のイライラも減らせたのが良かったです。

おわりに

その後…マイペースは相変わらずですが、幼稚園に行き始めたおかげもあり、少しずつスムーズに動ける場面が増えていると思います。

イラストによる指示は、保育所などでも使われることがあるそうです。お子さんのマイペースや、言うことを聞いてくれず悩んでいる方は、一度試してみてはいかかでしょうか^^