こっこメモ 〜こっこママの役立つ育児メモ〜

3才と1才の姉妹のママです。毎日の育児で「気づいたこと」や「役立ったこと」を書いていきます♪

寝かしつけはいつまで?長女3歳が大好きなぬいぐるみを卒業した日

f:id:cresc_cresc:20180827090249j:plain

今日は寝かしつけについて、私の体験談をお伝えします!

1歳半〜添い寝でねんね

抱っこひもでの寝かしつけをやめ、添い寝を始めた頃は、なかなか布団にも入ってくれずスマホの写真を見せて誘ったりしました。

布団の中で向かいあわせで密着すると、15〜20分ぐらいで眠ってくれましたね。

顔に寝息がかかるほど密着されたので、寝かせたあとそーっと離れるのが一苦労でした^^;

このスタイルは半年ほど続きます。

2歳〜ぬいぐるみとねんね

長女が2歳になってすぐ次女が誕生しました。

「添い寝してあげないと…」と思うのですが、新生児のお世話でなかなか手が空きません。

長女はいつの間にかキティちゃんのぬいぐるみ(かなり大きい)を抱きしめて1人で眠るようになりました。

1人で寝たの!?と感動の気持ちが半分、添い寝できずごめんね…という気持ちが半分でした(;_;

その後キティちゃんは手放し、小さなぬいぐるみ3匹(?)が仲間入りします。

それぞれ名前は…

①しっぽ(ネコのぬいぐるみ)

②ぴーぴ(プーさんのぬいぐるみ)

③まくら(子ども用枕です…)

散らかった部屋で毎晩「しっぽ!ぴーぴ!まくら〜!!」と探し回り、この3つが揃わないと眠れませんでした。

2歳って、こだわりが強くなる時期なんですね…。

1年ほど、この3匹(?)とのねんねが定番となります。

3歳〜1人でねんね

たまに預けていた保育所でも、しっぽ、ぴーぴが活躍してくれました。

昼寝のため、お気に入りの物を持ち込んでOKだったんです。

でも3歳を過ぎると、先生から「しっぽちゃん、いなくても寝られるかな?」と声がかかるように^^;

保育所では嫌がりましたが、家では妹に貸してあげたり、いなくても眠れる日が少しずつ増えていきました。

そして3歳半になった現在…

「しっぽ!ぴーぴ!」と探し回ることはなくなりました。

たまに思い出したように持ってくるのですが、だいたい1人で布団に入ります。

そのうち見向きもしなくなるのかな…?と考えると、ちょっと淋しいですね^^;

おわりに

初めての育児だったこともあり、寝かしつけの本を読んだり、私も一生懸命でした。

手をかけていたんだな〜と自分で思います。

ちなみに…

次女1歳は寝かしつけをしなくても、いつの間にか寝てることが多いです。

ママが頑張り過ぎず自然にまかせるのも1つの方法なんだと気づきました^^