こっこメモ 〜こっこママの役立つ育児メモ〜

3才と1才の姉妹のママです。毎日の育児で「気づいたこと」や「役立ったこと」を書いていきます♪

おもちゃの収納場所のオススメは?正解は「押入れの中」

f:id:cresc_cresc:20180809130126j:plain

おもちゃが多過ぎて床が見えない…!

長女が小さい頃には箱1つに納まっていた、おもちゃたち。次女が産まれてからドンドン増え、今や児童館並み?の量…。

ひとたび散らばれば、狭い部屋は足の踏み場がない状態に。

こどもって、飽きたら次、飽きたら次…と、どんどん出してきますよね…。

特にパズルやカード類で次女1歳が遊びだすと大変です!そこらじゅう散らばる散らばる…。

あまりの量に、長女3歳も分類できないようで…お片付けしたくな〜いと言い出す始末。

これじゃいけない!どうにかしないと…と、私が試したこと、役立ったことをお伝えしますね。

おもちゃは見えないところへ

まずは、あまり遊ばないおもちゃをダンボールに入れ、物置部屋に移動させました。

飾っているだけのおもちゃ、おまけでもらったおもちゃ、散らばりそうなカード類もとりあえずダンボールへ。

そして残ったおもちゃの中で多い「ブロック系」「おままごと系」を取り出し、2つの小さい箱に分けて入れました。

そして箱ごと、子どもたちの届かない押入れの上段へ!

分類されなかったおもちゃは、リビングの引き出しの中へ、絵本は絵本棚へ。

これだけでも、だいぶスッキリしました!

おもちゃを隠して良かったこと

リビングのおもちゃと絵本は、こどもたちが取り出せるようになっているので、基本的にはそれで遊んでいます。

それでもグズグズしたり、暇そうだな〜というときに「今日は何で遊ぶ?」と聞いて、押入れからブロックかおままごとの箱を出します。

自分たちで選んだおもちゃなので、よく遊んでくれますよ〜!

それまでは飽き気味だったブロック&おままごとも、日替わりで遊ぶようになってからは興味の持ち方が変わりました。

ときどき遊ぶので新鮮なんでしょうね。二人とも前より楽しそうに遊んでくれるようになりました!

わかりやすく3つの箱に分けたことで、長女もお片付けをゲーム感覚で楽しそうにしています。

おわりに

こどもの自主性や好奇心を育てるため、おもちゃは手の届く場所に置いたほうがいいかなと思っていました。

でも散らかることで親がイライラしたり叱ってばかりでは、子どももつまらないですよね!

おもちゃを減らしたり隠したり、可哀想に思えますが、むしろ良いことばかりでした。

「子どもが片付けをしない」「すぐおもちゃに飽きてしまう」などと悩んだことのある方は一度試してみてくださいね^^